プロペシアの効果を徹底解明!

プロペシア
ユナイテッドクリニック

hatumo.org」からのオススメ理由

ユナイテッドクリニック池袋・新宿・渋谷・上野・新橋・横浜・大宮駅前院・福岡博多院はフィナステリド(プロペシア)・デュタステリド(ザガーロ・アボルブ)といった各種AGA治療薬の情報発信量も多く、日本でザガーロをはじめて紹介するなど、信頼のおけるクリニックです。

プロペシア専科について

男性写真

男性に多い、ハゲ・薄毛のお悩み。最近ではAGAと呼ばれるようになり、男性型脱毛症があるということがよく知られるようになりました。AGAは徐々に進行していきます。

ある日ふと頭皮が見えるくらい薄いことが気になったり、雨の降り始めを頭皮で気づいたり、額が広がっていることを久しぶりに会う友達に指摘されたり、そういうケースが多いもの。
髪に良いと言われる食品をとったり、発毛や育毛に効く市販薬を試したり、男性用シャンプーに切り替えたりとセルフケアをされている方も多いのではないでしょうか。

AGAに悩む人は国内に1260万人もいるとされていますが、治療法が確立されたことから、AGAは医療機関での治療ができるようになりました。

「ハゲや薄毛は年齢的なものだから仕方ない」と諦めてしまう前に、医療機関でのAGA治療で若々しいヘアスタイルを取り戻してください。
当サイト「プロペシア専科」は、2005年に日本で承認され、TVのCMで「お医者さんに相談だー」でおなじみの「プロペシア」について、詳しく解説した情報サイトです。
2015年4月にはプロペシアジェネリックの「フィナステリド」が発売。同年9月にはデュタステリド製剤「ザガーロ」が承認され2015年はAGA治療に大きな変動がありました。これまでの薬との違いから、その驚異的な発毛パワーまでご紹介します。プロペシアやプロペシアジェネリック(フィナステリド)、デュタステリド(ザガーロ・アボルブ)をいち早く導入しているAGA治療対応のクリニックについても取り上げます。ハゲ・薄毛に悩む方々へ「AGAは治る」と力強くエールを送るサイトです。

AGA治療薬プロペシアが認められた理由とは

健康診断

AGAは男性型脱毛症。ハゲ・薄毛には多くの種類がありますが、AGAはその一つです。日本国内でAGAに悩む人は1260万人にものぼり、成年男性の多くがAGAであるとも言われています。

原因は主に、悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)。これが毛根に作用して毛髪を細く短くし、最終的には額の生え際が後退して頭頂部の毛髪がなくなるなど、毛髪の成長を阻害することになります。

「プロペシア」はこのDHTの生成を強力に抑制することで毛髪の数、太さを増加させて育毛を促します。臨床試験においても発毛の評価指標として設定した毛髪数の増加、育毛の評価指標として設定した硬毛数及び毛髪の太さの増加等、男性型脱毛症に対する効果が確認されました。

これにより「プロペシア」は医療用医薬品として「男性における男性型脱毛症」の効能・効果で承認を取得し、従来の薬剤よりも更に積極的な発毛効果が期待できることが認められたのです。

2015年にはプロペシアジェネリックである「フィナステリド」の販売開始、またより強力なデュタステリド(ザガーロ)が承認されました。2015年、AGA治療は新しい時代を迎えたといえるでしょう。

セルフチェック!あなたのAGAはプロペシアで治る?

次にあげる9つの項目をチェックしてみてください。(MSD社の運営するHPのAGA-newsに記載)

  1. 1.父、父方の祖父母のいずれかにうす毛の人はいますか?
  2. 2.母、母方の祖父母のいずれかにうす毛の人はいますか?
  3. 3.以前に比べ抜け毛が増えましたか?
  4. 4.うぶ毛のような細く短い髪の毛が多くなり、昔にくらべハリ(コシ)がなくなった。
  5. 5.思春期以降に髪の毛が薄くなり始めましたか?
  6. 6.薄毛は徐々に進行していますか?
  7. 7.額の生え際から髪の毛が後退した。
  8. 8.頭頂部の髪の毛からうすくなった。
  9. 9.額の生え際と頭頂部の両方からうすくなった。

AGAは遺伝すると言われています。特に、母方から受け継がれるX染色体に関係があると言われ、究明が進められています。

1と2にチェックが入った人は、AGAの傾向がありますので、特に注意が必要です。
3と4は毛周期(ヘアサイクル)が乱れているかについての質問です。シャンプー時に指に絡むほど髪の毛が抜けたり、枕に髪の毛がよくついていたり、寝癖がつかなくなるなど、気になる場面はありませんか?ヘアサイクルが乱れている原因が男性ホルモンの場合、AGAが疑われます。プロペシア(フィナステリド)・デュタステリド(ザガーロ・アボルブ)はヘアサイクルの乱れを直し、コシのある太い毛髪を成長させることができます。
5について、AGAは思春期(第二次性徴期)以降に悪玉男性ホルモンDHTが作用して発症する特徴があります。学生の頃から、集合写真でクラスメイトと並ぶとヘアスタイルばかり気になっていた、「おでこが広い」と指摘されたことがあるなど、若い世代でもAGAに悩む人は多いものです。プロペシア・デュタステリドはDHTの生成を抑制し、薄毛の症状を改善します。
6については他の脱毛症ではないかの確認です。一度に毛髪が大量に抜ける場合は別の脱毛症が疑われますが、徐々に進行するAGAにはプロペシア・デュタステリドによる治療が有効です。
7~9のように、パターンを持って薄毛が進行するのがAGAの最たる特徴です。額の生え際と頭頂部から薄毛が進行している場合はAGAの可能性が非常に高いでしょう。それ以外のところから薄毛が始まった場合は別の脱毛症が疑われます。AGAは治療法が確立されていますので、早めに受診し、プロペシア・デュタステリドによる治療を始めることをおすすめします。

1と2だけにチェックが入った方は、注意しておく程度でよいでしょうが、それ以外に1つでもチェックが入った方はAGAの可能性がありますAGAは進行性ですので、治療しない限り治りません。悩んでいる間にも進行していますので、一日でも早く。ザガーロを取り扱っている医療機関を受診してみてください。

プロペシア・デュタステリドはあらゆる年代に効く!

ハゲ・薄毛は老化現象のようにとらえられることが多いのですが、厳密にいえば違います。思春期(第二次性徴期)以降に発現しますが、加齢とは直接関係ありません。悪玉男性ホルモンDHTが体内に分泌されるようになり、長い時間をかけて徐々に脱毛が進行するのがAGAです。
その時間的な流れから、加齢によるものではと考えられがちですが、実際には男性の脱毛症での医療機関の受診率No.1は30代後半(35〜39歳)であり、実に10万人につき10人以上が治療のため受診しているのです。

薄毛に悩んでいるといえば中年期以降のイメージがあり、実際に年齢が上がるごとにAGA発症率は高くなりますが、加齢によるものではありません。頭皮が透けて見えるほどの薄毛、生え際の後退、頭頂部の脱毛などにより実年齢より見た目が上に見られてしまい、心理的ストレスを抱えているのは30代後半の方にこそ多いと言えます。デュタステリド(ザガーロ)の新薬開発時の臨床実験でも、20~40代の比較的若い層に特に効果が高かったという結果が出たほどです。
「若ければ薄毛治療なんて必要ない」という思い込みは捨てて、AGAの症状が気になり始めたら、迷わずプロペシア(フィナステリド)・デュタステリド(ザガーロ・アボルブ)で早めのケアをしましょう!

プロペシア・デュタステリドを取り入れたAGA治療法とは?

正しいAGA治療とは?

AGAの原因を取り除くことが治療の基本方針になります。基本的には、悪玉男性ホルモンDHTを抑制すること、頭皮の血行を改善すること、この2つが有効な治療方法です。DHTの生成を抑えるにはプロペシアを服用し、毛髪が細くなったり柔らかくなったりと成長し切る前に抜け落ちてしまう症状を防ぐことが必要となります。 その上で頭皮を清潔に保って毛髪に必要な栄養分を補うといった発毛環境を整えていくケアを合わせて行います。プロペシア(フィナステリド)・デュタステリド(ザガーロ・アボルブ)とミノキシジルとの組み合わせなど、発毛促進に効果的な治療法を選択していきましょう。

男性ホルモンを抑制 プロペシア(フィナステリド)、デュタステリド(ザガーロ)等の内服薬
血行の改善 ミノキシジル等の内服薬、禁煙
頭皮ケア ケトコナゾールシャンプー
栄養分の補給 サプリメント(亜鉛・セレン・ビタミンB群・ビタミンC・リジン)ヘアパック

クリニックによっては薬の処方だけのところもありますが、理想で言えば、これら4方向からのアプローチが発毛促進には効果的です。取り扱う薬の種類も幅広く、患者一人ひとりの脱毛症状や体質や望みに対応できるクリニックがお勧めです。

プロペシア・デュタステリドでAGA治療法を始めるタイミングは?

AGA治療のはじめるタイミングは?

AGA治療に年齢制限は特にありません。持病や既往症、ライフスタイルに応じて薬を選ぶ必要はありますが、プロペシア(フィナステリド)・デュタステリド(ザガーロ)などの安全に使用できる薬を使って治療していくことが可能です。タイミングという意味では、AGAに気が付いたら一日でも早く治療を始めるのが得策です。プロペシア・デュタステリドは強い発毛効果・育毛効果を持ちながらも依存性のない安全な薬です。ただし、プロペシア・デュタステリドが処方できるのは20歳以上となります。未成年には処方できません。

AGA治療を行うクリニック選びでは、患者が望む毛髪の状態へと導いてくれるかがポイントになります。現状維持したい方へは、現状維持できる処方を。しっかり発毛したい方へは、最大限に効果のある処方を。お悩みと希望に応じた処方が可能かどうかチェックすることは、クリニックを見極める上でも大変有効です。発毛効果を求める方は、プロペシア・フィナステリド・デュタステリド(ザガーロ・アボルブ)を取り扱っているクリニックを受診してください。

コラム

ページの上部に戻る
Copyright © propecia All Right Reserved
固定バナー